ルーフペイントキャンペーン



足元を変えれば、もっと個性的に。



2台並んだポールスミスと40周年記念車。
オールドイングリッシュホワイトのボディが人気の2台ですが、純正の上品さを崩さずに、もっと自分らしさを表現したい。
そんなオーナー様のご希望には、10インチ化をお勧めいたします。

 


10インチキットの内容は、組み合わせ自在



通常、10インチコンバージョンキットというと10インチソリッドローター、10インチブレーキキャリパー、ブレーキパッド、ドライビングフランジの組合せを言います。
スタンモアーでは、通常の10インチダウンキットをはじめ、DELPHI製ダウンキット、スリットディスクダウンキットをご用意しております。
また、お客様と打ち合わせをすることにより、各種ディスク、スタッドボルト、ブレーキパッドを組合わせてお客様のご希望に沿った仕様に仕上げます。


制動力は大丈夫?



12インチから10インチにダウンサイズすることによるディスクの小径化によって、 制動力の低下を心配されるお客様がいらっしゃいます。
ホイール1周に対し、12インチ用ディスクと10インチ用ディスクでは確かにパッドが接触する面積が違います。
しかし、通常にキットを組んでも車検に合格する制動力は確保できます。また、より摩擦抵抗の大きなパッド(スポーツパッド)に変更したり、ステンメッシュブレーキホースを使用して油圧を確実にキャリパーまで伝達する事により、制動力への不満は殆ど無くなる筈です。
サーキット走行にはバネ下荷重の低減とパッド面圧の分散性に優れた4ポットキャリパーで、制動時のコントロール性を高めるのもお勧めです。
もちろん、カラフルなアルミキャリパーはファッション性にも優れておりますから、ドレスアップの一環としても効果が高いアイテムです。

ツライチに拘るなら



せっかく10インチに変更して、ホイールも好みのものをチョイスするなら、オーバーフェンダーとの位置関係にも拘りたい。
いわゆる”ツライチ”はフェンダーとホイール(タイヤ)のラインをツラ、つまり同一面にするという事で、 クルマ好きなら誰もがカッコイイと感じるバランスなのです。
このツライチ、実は地道で大変な作業なのです。
オーバーフェンダーからハミ出せば違法改造、かといってアンパイを狙いすぎるとタイヤがフェンダーより中に入って見えてしまいます。
しかもミニの場合、前後のみならず左右でさえもホイールのオフセット量が違うのです。
純正ホイール+純正オーバーフェンダーの場合は4輪のどれもがフェンダーよりかなり内側に入っておりますので、全てが同様に見えるので、え?と思う方もいらっしゃるかと思います。
しかしフェンダーとタイヤの間が狭まるにつれ、左右で3〜5mm程オフセット量が違う事が露になります。
全てのタイヤをフェンダーとツライチにするためには、オフセット、キャンバー角、トー、キャスター等の細かく繰り返し調整して仕上げます。
ツライチにするなら、まずは4輪アライメントが取れる足を構築することが必要となります。

Case1 Before



小難しい事を書いてしまいましたが、お客様にはまず、好きなホイールを選んで頂く事がメインです。
現状のフェンダーと組み合わせ可能なのか、フェンダーの変更が必要なのかをお打ち合わせ出来れば、実現への細かな手法はお任せ下さい。
写真は10インチ化をする前、12インチ純正8スポークホイール。

Case1 After



今回はRosePetalホイールをチョイス。
現在の国内流通はありませんので、英国から取寄せたホイールを純正オーバーフェンダーにマッチするように調整してお取付しました。
メニューはTAROX10インチ用ディスク、10インチキャリパー、FERODOブレーキパッド、10インチドライビングフランジ、Cパーツロアアーム交換、 グループAタイロッド、強化テンションロッドブッシュ、アルマイトカップワッシャー、ロングタイロッドエンド、KADリアネガティブキャンバーキット、 ARP強化ホイールスタッドボルト、ステンメッシュブレーキホース、タイヤはYOKOHAMA GT SPECIALです。
クラシカルで上品なミニに仕上がるように心がけました。

Case2 Before



純正12インチスチールホイールをオールドイングリッシュホワイトにペイントしセンターキャップを付けたスタイル。
路線としてはクラシックですが、おとなしくて浮き足立った印象を受けます。

Case2 After



10インチスリットディスクとスポーツパッドを組込み、コスミック6Jのホイールを取り付けました。
仕上げの方向性は変えずに、当時物パーツを組み込む事により雰囲気が良くなっています。
ホイールひとつでここまで印象が変わるとは、作業をご依頼いただいた甲斐があります。

スタイルはあなた流



今も沢山の10インチホイールが流通しており、3.5J〜7Jオーバーまでそのスタイルは多種多様。
フェンダーレスに近いもの、マッチョな8Jフェンダー・・・お好みのままにお選び下さい。
スタンモアーでは各種新品ホイール中古ホイールの他、オーダーメイドホイールもご用意しております。
10インチ化へのお問合せ、ご注文はスタンモアーまでお気軽にご連絡下さい。





WORKS  ストックカー  イベント情報  サーキット  お客様紹介  店舗案内  地図  壁紙  プライバシー&ポリシー  法に基づく表記  SpecialThanks


Copyright © STANMORE All Rights Reserved.